ご存じだと思いますが、日本国憲法の前には明治憲法(大日本帝国憲法)と
いうものが存在していました。大日本帝国憲法は、1889年に制定されました。

明治憲法とは、正しくは、「大日本帝国憲法」といいます。
近代立憲主義に則り、そこに日本独自の民主主義を取り込んだ、アジアでは
初の近代憲法です。

明治憲法悪玉論とは

現在、戦後の日本では、

日本国憲法=善
明治憲法=悪

という図式が成り立っています。

よく言われている箇所が、
明治憲法は天皇主権、日本国憲法は国民主権という箇所。

そして、なぜ天皇主権が悪いのかは、
「それって独裁国家でしょ」と。
なんか、すごいこじつけですが、概ねそんな論調です。
失際には、それは勘違いなんですけどね。

個人的には、理屈的にも天皇主権が100%悪だとも思えませんし、現在の
日本では国民主権が正しいのかは甚だ疑問ではありますが、とにかくそい
う図式で明治憲法は「悪いもの」扱いされています。

いわゆる「明治憲法悪玉論」です。

なぜ明治憲法が悪玉になるのか

なぜそなっているのかと言えば、悪玉を作っておけば、その対立軸になる
ものは善玉になりますよね。その善玉はもちろん日本国憲法です。

日本国憲法と明治憲法の対立図式

なぜ日本国憲法を良く見せようとするかは、そういったイデオロギーが
働くからでしょう。法曹界、憲法学会は左翼思想者が非常に多いですか
らね。彼らは、天皇を否定し、日本国憲法より以前の日本を否定してい
るのですから。

ここからあと、不定期に、
一般的に語られている(基本的な箇所だけですが)明治憲法の誤解を解
きつつ、その上で日本国憲法と簡単な比較をしてみたいと思います。

単なる表的な比較もしていきますがそれだけではなく、大日本帝国憲法
の基本原理をお話しますので、ご自身で日本国憲法の該当箇所にあたっ
て比較してみてください。

こういったことは単純な表的比較だけだと勘違いしてしまいがちですからね。

規定を比較してみる

明治憲法と日本国憲法では、列挙されている規定で共通する規定もあるん
ですね。

とりあえず、明治憲法と日本国憲法で共通する条文と、そうでない条文
を表にしてまとめてみました。



試験のための憲法の勉強法とは