習得重要度A試験的にどうこうというよりも、表現の自由というものがどういうものか?なぜ大事なのか?を考えて頂きたい。


21条

集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

思想・良心の自由、信教の自由、学問の自由あたりは、
「精神的自由権」という括りになりますが、
この表現の自由もこの括りに入ります。

その精神的自由の中でもこの表現の自由が中心的な存在になり、
重要な存在といえるでしょう。

重要というのは、
表現行為というものが非常に多岐にわたり、その分社会的に問題になる事例が多い
こと、そして、
私たち人間は、程度の差こそあれ、何らかの表現活動を欲しながら生活しているから、といえます。

つまり、
表現活動が侵害されることは非常に辛いことであり、
場合によっては、回復が非常に困難になります。
このような視点は持って置いていいと思います。

表現の自由の意義

表現活動というものは、あらゆる範囲に及んでいます。
例えば、
私がこうしてネット上にてこのようなサイトを展開しているのも表現活動ですし、歌手がコンサートをしたり、新曲を発表したりするのも、漫才師が人前で漫才をするのも表現活動。

本を執筆して発表するのもそうですし、
メディアを通じて政治的意見を述べるのも表現活動。

このように、
私たちはあらゆる表現活動を直接ないし間接的に欲しながら生活しているということですね。

なぜ我々はこのように表現活動を欲しているのでしょうか。
それは、2つのある「価値」を欲しているからといえます。

自己実現の価値と自己統治の価値

ひとつは自己実現の価値
自己実現の価値とは、
表現活動を通じて個人の人格を発展させるという個人的な価値といわれていますが、人間的成長のために表現活動が大事であるという価値観であるといえます。

もうひとつは自己統治の価値
表現活動によって国民が政治的意思決定に関与するという民主主義と密接不可分な、社会的な価値をいいます。

このような価値を支えるためには、
「思想・言論の自由市場」の形成が不可欠であるといわれています。

思想・言論の自由市場とは

「思想・言論の自由市場」とは、
あらゆる言論・出版等の表現活動が自由になされてはじめて
人格や意思形成がなされていくものという考え方のことですが、
特に政治的意思形成にはこの「思想・言論の自由市場」という考え方は欠かせないものなのではないでしょうか。

表現の自由の機能イメージイラスト

表現の自由とは、
こういった非常に重要な価値に奉仕するものであり、
だからこそ、国家の干渉を排除するというもの
です。



試験のための憲法の勉強法とは