第1条

 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

ひとくち解説

第1条は、日本国の主権者は誰であるかを謳っている。もちろん国民である。「国民主権の根拠条文は?」と問われれば、答えは、この1条と前文になる。

国民主権の根拠条文であるのと同時に、象徴天皇制を示す条文である。ちなみに、象徴天皇制とは、天皇は象徴にすぎないという解釈が通説ではある。

第2条

 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範 の定めるところにより、これを継承する。

ひとくち解説

皇位とは、天皇の地位のこと。つまり、天皇は世襲によってしかなれないということ。誰もがなれるものではないということ。ちなみに、14条2項では「華族その他の貴族の制度は、これを認めない。」とあるが、本条はこの14条2項の例外規定とされている。
世襲制と皇位継承

その皇位継承については、皇室典範なる法律によって規定されている。(おそらくであるが、皇室典範については、行政書士試験には出題されないと思われる)

第3条

 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の助言と承認を必要とし、内閣が、その責任を負ふ。

ひとくち解説

1条で象徴天皇制とは天皇は象徴にすぎないとしたが、この3条を読めばその意味が分かるはず。

当規定は、天皇の国事行為は、内閣の管理下に置かれていることを意味する。国事行為の中には、非常に政治色の強いものもあるが、それもあくまで手続きの流れのものである。

つまり、天皇には(あくまで憲法上ではあるが)権力がないということ。我が国の最高権力者は、行政のトップである内閣総理大臣である。

第4条

 天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。
2 天皇は、法律の定めるところにより、その国事に関する行為を委任することができる。

ひとくち解説

上の3条のところで書いた通り、天皇には政治的権力がないということを示している。


行政書士講座を検討なら

司法書士講座を検討なら