習得重要度B「唯一の立法機関」に比べれば緩めか。ただ、それぞれの論点はしっかりチェックしておくべきだろう。


それでは、
三権分立の一つである国会についてお話していきましょう。

第41条【国会の地位、立法権】

国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

第43条【両議院の組織・代表】

1 両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する。
2 両議院の議員の定数は、法律でこれを定める。

憲法は、国会に次の3つの地位を授けています。
国民の代表機関」「国権の最高機関」「唯一の立法機関」

これらはそれぞれ41条、43条1項に出てくる文言ですが、
どういった意味なのでしょうか。

この41条、43条1項は、国民主権を具体化するシステムを表現しています。
すなわち、
代表民主制を採用する日本では、この国会が国民に最も近い位置にあるわけで、
国民主権 → 国民の代表機関 → 最高機関であり唯一の立法機関
という流れを理解して頂けたらと思います。

国会の地位

国民の代表機関

日本では原則として代表民主制(前文、43条1項)を採用しています。
代表民主制とは議会を中心とする政治で、議会制民主主義とも議会主義とも呼ばれます。

国民の意思は議会において代表者によって反映され、議会が公開の
審議・討論を通じて、国の統一的意思として決定されていきます。

そこで、
43条1項では国会を「国民の代表機関」としていますが、
この「代表」とはどういった意味で使われているのでしょうか。

この問題を考える前に、
まず代表の2つの役割について考えてみたいと思います。

その役割とは、
「民意の反映と民意の統合」です。

「民意の反映」とは、
自分を選出してくれた有権者(選挙民)の意思に拘束されるということです。ですから、選挙民の意思に反した行動をすれば、
法的責任を取らされても仕方がないという意味になります(法的代表)。
これを命令委任と言います。

「民意の統合」とは、
選挙民に意思には拘束されず、あくまで選挙民とは独立して自分の意思で行動するということです(政治的代表)。
これを自由委任と言います。

43条1項にいう「代表」とは、やはり、
全国民の代表であり、国会とは国民の意思を反映する機関であるという政治的代表
の事を言っているのだと考えるのが通説になっています。

具体的には、

  1. 議会を構成する議員は、選挙区ないし後援団体など特定の選挙母体の代表ではなく、全国民の代表であること、したがって、
  2. 議員は議会において、自己の信念に基づいてのみ発信・表決し選挙母体である選挙区ないし後援団体等の訓令には拘束されないこと(自由委任)

を意味します。

国権の最高機関

国会は、三権の中でも国民から直接選挙された代表者で構成する、
国民に直結している機関です。

その意味では、国政に中心的な機関と言えるでしょう。

そういった意味で「国権の最高機関」としている、
いわば「ヨイショ」として捉えてください(政治的美称説)。

もうひとつ、「唯一の立法機関」ですが、
次のページでお話します。


統治機構


試験のための憲法の勉強法とは