習得重要度A行政書士試験ではよく出題される箇所になる。名称と数字は正確に覚えておかなければならない。もっとも、条文の知識以上のことはないので条文を暗記する感じで。あと、他の規定を併せて手続の流れは把握しておくと良い。


第52条【常会】

国会の常会は、毎年一回これを召集する。

第53条【臨時会】

内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

第54条【衆議院の解散・特別会、参議院の緊急集会】

 衆議院が解散されたときは、解散の日から四十日以内に、衆議院議員の総選挙を行ひ、その選挙の日から三十日以内に、国会を召集しなければならない。
2  衆議院が解散されたときは、参議院は、同時に閉会となる。但し、内閣は、国に緊急の必要があるときは、参議院の緊急集会を求めることができる。
3  前項但書の緊急集会において採られた措置は、臨時のものであつて、次の国会開会の後十日以内に、衆議院の同意がない場合には、その効力を失ふ。

国会には3つの種類があります。

常会

まずは「常会(52条)」。年1回召集されます。
通常国会なんて言い方もされますが、正式には常会です。
これは、年の初めから始まるやつですね(国会法2条参照)。

会期は、原則として150日になります(国会法10条)。

臨時会

必要に応じて召集される国会が「臨時会(53条)」。
この臨時会は、召集できる条件が憲法上2つあります。53条に規定されています。

  • 内閣が必要とするとき
  • 衆参いずれかの議院の議員の4分の1以上が要求するとき

内閣によって召集が決定されます。

特別会

「特別会」とは、
衆議院が解散された場合は
解散の日から40日以内に総選挙を行い、その選挙の日から30日以内召集しなければならない国会をいいます。

この名称は、常会、臨時会と違って憲法上のものではありません。

54条1項のイメージイラスト

緊急集会

衆議院が解散されれば、参議院も同時に閉会になります(54条2項)が、
特別会までは国会が閉まっている状態になります。

この間、何か国で緊急の召集が必要なときは、
内閣は、参議院で「緊急集会」というを開くことができます。
国会には、「国会同時開催の原則」といって、
衆参は同時に国会を開催していく原則がありますが、
これはその例外となります。

この緊急集会は、あくまで臨時の、緊急避難措置となります。
ですから、
次の国会で開会10日以内に衆議院の同意がない場合は、この緊急集会の効力は失われます(54j条3項)

この緊急集会は、3項に規定があるとおり、会期とは違います。
ですから、7条2号の天皇の国事行為はありません。
常会、臨時会、特別会はあります。

国会・会期の補足はこちらでどうぞ


行政書士・司法書士の短期合格を目指す方へ

口コミで人気の行政書士通信講座講座 フォーサイト

行政書士

行政書士試験に最短でで合格したいなら講座を取るべきです。独学では時間がかかりすぎる。合格のために徹底した効率化と通信に特化した低価格の通信講座です。他の講座を凌駕している合格率も魅力的。口コミで広がる人気講座。

この講座の詳細はこちら

司法書士試験短期合格を実現するためのクレアールの「非常識合格法」

試験科目が多く合格ハードルも高い司法書士試験を、「最小限の労力で最大限の効果」を出す、有名通信講座クレアール司法書士講座の「非常識合格法」。スマホ受講が可能ですので、いつでもどこでも講義受講が可能です。大手のおよそ半額の受講料も魅力的ですね。

この講座の詳細はこちら