習得重要度C
ちょこっと目を通すだけでもいいと個人的には思う。


「交戦権の否認」とありますが、ここでは「交戦権」の意味だけ理解しておけば十分だと思います。

日本国憲法第9条では、「1項で侵略戦争を放棄するが、2項ではその戦力の保持を否定しているので、結果的に自衛戦争をも放棄する」と考えるのが今日の学説上の9条の解釈になります。

この説でいけば、交戦権とは、と考えることはそれほど意味はありません。自衛戦争すらも放棄しているので、交戦権とは「戦争をする権利」と言っても差し支えないと思います。

ただし、仮の話ですが、9条では自衛戦争は放棄していないと解釈するのならば、話は変わります。

この場合、交戦権とは、「交戦状態に入った場合に、交戦国に国際法上認められる権利」と考えていきます。例えば、敵国の軍事施設を破壊する権利、相手国の船舶をだ捕した利する権利がこれにあたります。

つまり、学説の流れによって、交戦権の解釈は変わってくるのですね。

これらが交戦権となり、9条が自衛戦争を否定していないとするならば、日本国憲法では認められていないと解釈するのです。

行政書士・司法書士の短期合格を目指す方へ

口コミで人気の行政書士通信講座講座 フォーサイト

行政書士

行政書士試験に最短でで合格したいなら講座を取るべきです。独学では時間がかかりすぎる。合格のために徹底した効率化と通信に特化した低価格の通信講座です。他の講座を凌駕している合格率も魅力的。口コミで広がる人気講座。

この講座の詳細はこちら

司法書士試験短期合格を実現するためのクレアールの「非常識合格法」

試験科目が多く合格ハードルも高い司法書士試験を、「最小限の労力で最大限の効果」を出す、有名通信講座クレアール司法書士講座の「非常識合格法」。スマホ受講が可能ですので、いつでもどこでも講義受講が可能です。大手のおよそ半額の受講料も魅力的ですね。

この講座の詳細はこちら