習得重要度C9条については、社会的重要度・関心度に比べて、試験的にはそれほどでもない。ただ、無視はし辛いで、条文解釈を中心に、時間的に余裕があれば。


第9条【戦争放棄、戦力及び交戦権の否認】

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本国憲法の規定の中で、一般的に最も有名な規定であり、かつ、最も関心のある規定でしょう。

9条の表題を見れば、戦争を放棄し、さらに「戦力」とその戦力を行使する交戦権を否定しています。しかし、我が国では「自衛隊」という組織が存在しており、一見、この規定と矛盾するように見えます。

この点、どうなのでしょうか。

余談ですけど・・・

この9条、どのレベルの法律系資格試験共通ですが、決して重要論点だとは言えません。行政書士試験でいえば、過去に出題されていたかどうか・・・少なくとも、ここ10年では出ていません。

理由のひとつは、私見ですけど(多分合っていると思います)、判例として見解が出されていないからだと思います。国の安全保障に関する提起は、過去に何度かなされていますし、地裁レベルとかではその裁判官の見解も出されています。

しかし、そのレベルの判決が「判例として」扱われるわけもなく、試験問題として出題されるのにはふさわしくないといえるでしょう。

ここでお話することは、多くがあくまで学者の学説にすぎないということは留意しておいてください。ただ、各定義や、9条の論点や自衛隊の政府見解などは、知っておくべきものです、法律家を目指す者の常識知識として。

9条の解釈の方向性

この9条の解釈問題について、以下3つの点について留意しておいてください。

  • 「戦争」には2種類あり、それは侵略戦争と自衛戦争である
  • 自衛戦争と自衛権は必ずしも一致するものではない
  • 戦力と実力(自衛のための最小限度の実力)は必ずしも一致するものではない

以上の点に留意して頂いた上で、お話を進めていきます。

各論

9条の解釈は、ほぼキーワードの解釈になります。

そのキーワードとは、「戦争放棄」「戦力不保持」「交戦権の否認」です。この3つのキーワードと、それらにまつわるキーワードを解釈することによって9条は何を謳っているのかを解明していきます。

戦争の放棄

9条の大きな命題は「戦争の放棄」ですが、ここで放棄するとしている「戦争」とはどういった性質の戦争なのかがポイントになってきます。

そして、その戦争論を含めて9条を解釈していきます。

戦力不保持

ここでは、政府は自衛隊をどう捉えているのかをお話していきます。憲法では戦力の保持を禁止していますが、自衛隊は戦力でないのか。

交戦権の否認

9条では2項で交戦権を否定していますが、交戦権とはどういった権利なのか。しかしながら、現在の憲法下ではあまり有意義な議論になっていません。