当サイトの制作では、
管理人が培った知識をベースに細かい知識や言い回しはいくつかの書籍を参照にしています。

何冊かの書籍と資料を利用していますが、
その中でも資格試験や授業などに対応できる文献を
ご紹介したいと思います。

個人的には手広く手を出すことはお勧めしかねます。
ただ単に勉強するだけだったら、
割り切ってこれらを参考にすると良いと思いますよ。

また、私もそうでしたが、憲法だけを勉強していると視野が狭くなり、
偏った考え方になると思います。「世間知らず」といいますが。

そんな弁護士先生、結構いますよね?
もちろん、弁護士みんながそうだというつもりはありません。
バランスの取れた思想、思考の方もいらっしゃいます。

そういう先生様が多いという印象があります。
世間知らずが法律扱っちゃ、アブナイと思いますけどね。

そうならないためにも、
ある程度勉強が済んだら、
外から日本国憲法を眺めてみたらいかがでしょうか。

「憲法」芦部信喜著(岩波書店)

憲法を学ぶ参考書では最も有名かつ定番な基本書だと思います。
もしかしたら、初学者がこの本から入ると意味が分からないかもしれませんが、ある程度憲法を学んだ人間が読むと理解が深まると思います。

司法試験受験生からは「憲法のバイブル」と呼ばれているそうです。

もっとも、憲法の論述問題が出題される試験(つまり、司法試験)以外では必要ないと思われます。
単なる知識取得だけであれば、市販の参考書だけで必要十分でしょう。

試験対策で利用するのであれば、バイブルと言われている通りの基本書であるとは思いますが、そうでなければ個人的には好きな文献ではありません。やはり、偏った内容と思います。

まあ、この本を試験対策以外で利用する人はいないと思いますが。

試験対策講座「憲法」伊藤真著(弘文堂)

この本も業界では有名な参考書です。

法律系予備校のカリスマ講師である、伊藤真氏の「試験対策講座」。
特徴的には、非常に分かりやすい記述で、「これで理解出来ないヤツは憲法はあきらめろ」と言われるほど。

少々、情緒的な記述が気になる部分がなくもないですが、それはそれでいいでしょう。
分量・質は申し分ないでしょう。ですが、それは試験対策という意味での分量・質という意味です。試験対策本ですから当然なのですが。
いずれにしましても、試験科目に憲法のある国家試験の受験生は持っていてもいいと思います。

憲法判例百選 1・2(有斐閣)

憲法学習は、判例が非常に大事になりますが、これはその重要判例の解説本です。
2分冊となっていて、画像は1分冊目。

憲法が試験科目になっている国家試験はいくつかあります。司法試験はもちろんのことですが、司法書士試験、行政書士試験、公務員試験などでも憲法は試験科目になっています。
そういう国家試験を受験しようという方は、是非手に入れて目を通してほしいと思います。

行政書士試験でも司法書士試験でも判例の知識は不可欠です。判例の問題が丸々出ている例もありますからね。
参考書にも重要判例の紹介はありますが、触りだけしか載せていません。どういう事件でどういう流れの判決だったかも知っておくのも必要なのではないでしょうか。

ある程度の知識がないとちょっと難しい内容だと思いますが、どんな事件だったのか、経過の大まかな流れ、そして、判決の内容が出ています。