習得重要度A政教分離原則の条文解釈だが、前段とか後段とか何項だとか入り組んでいる。20条を読んで、ここはどっちだ、政教分離だとかはわかるようにしておきたい。


「政教分離(せいきょうぶんり)」って聞いたことありますか?

「政」は政府、「教」は教会のことを指します。
ひとことでいうと、「政治と宗教は分離せよ」ということなのですが、これだけでは何のことだかよくわかりませんよね?何で、分離させなきゃならないの?とか。

政教分離原則とは

政教分離原則とは、国家の非宗教性ないし宗教的中立性と定義出来ます。
もっとわかりやすく言えば、
「国家は宗教に近寄るべからず、特定の宗教を優遇するべからず」という原則のことです。

条文で言えば、20条1項の後段、3項、89条がそれに当たります。

条文

第20条1項・3項

(信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。)いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

第89条

公金その他の公の財産は、宗教上の組織もしくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

1項後段、3項で国家と宗教の分離の原則を明らかにし、
89条で政教分離原則を財政面からも裏付けています。

89条前段について

89条についてはもう少しだけお話しておきましょう。

89条は、前段後段に分けることができます。
前段が「宗教上の組織もしくは団体の使用、便益若しくは維持のため」、
後段が「公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業」。
これらの者に対し、公金を支出してはならない、と.

後段は「財政」のところでお話しますので、前段だけここでお話します。

既にお話していますが、
前段は政教分離原則を財政面から規定したものです。

ここで問題になってきますのは、
ここにある「宗教上の組織もしくは団体」って何?ってことです。

簡単にいって、
「宗教上の組織」とは神社・寺院等施設を中心とした財団的なものを言い、
「宗教上の団体」とは、
教団・宗派・教派等のように人の結合を中心とした団体を指すようです。
判例の見解はこちら参照ください。

趣旨・目的

政教分離原則の趣旨は以下の3点とされています。

  1. 信教の自由の保障を確保・強化する・・・国家と宗教を分離させて国民の信教の自由の保障を強化させるという趣旨です。国家が特定宗教に寄り添うと、その分他の宗教に対して差別ないし区別するおそれが出てきます。
    このように、個々の宗教の扱いに差を設けては、それは信教の自由にはならないでしょうということです。
  2. 民主主義を確立・発展させる・・・宗教というものの価値観と民主主義の価値観は相容れないという考えからのものです。宗教というものは、絶対的価値観によって支配されています。そこに疑問や懐疑という感覚は存在しないものです。
    他方、民主主義は、多種多様の意見を集約し、審議討論を経て妥協し一つの意見をまとめていくものです。
    多種多様な意見がそれぞれ絶対的価値を基に成り立っているのであれば、妥協など不可能ですし、結果的に取り返しがつかない諍いが起こるのは必至でしょう。
  3. 国家と宗教を破壊・堕落から救い、免れせしめる・・・国家が宗教にのめり込むと、国家が堕落してしまう傾向があるということです。

政教分離原則について、正しい理解を

政教分離原則に関して、個人的に感じているのは、結構多くの方が勘違いされているように思います。

というのは、政教分離とは、「国家の非宗教性ないし宗教的中立性」です。
つまり、国家が特定の宗教をえこひいきしたりするな、
ということ。

宗教家や宗教団体が政治活動をしてはいけないということではありません。
それは自由です。問題ない範囲で存分にしたらいいのです。

政教分離原則の図

これは政教分離原則の話ではなく、ましてや、信教の自由の話でもありません。
宗教団体や宗教家の表現の自由の話になります。

国家側がどうこうの話ですので、注意しましょう。



試験のための憲法の勉強法とは