習得重要度Bこちらも暗記の世界なので、特段語ることもなし。ある意味、常識的知識なので、そのつもりで覚えておいて頂きたい。


第47条

選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。

選挙権・被選挙権

選挙権(公選法9条1項)

  1. 日本国民
  2. 年齢満20歳以上の者

被選挙権(公選法10条1号2号)

  1. 日本国民
  2. 衆議院は年齢満25歳以上の者、参議院は年齢満30歳以上の者

選挙・投票方法の比較

何かと話題になっている選挙区について、小選挙区と大選挙区で
比較してみました。

ちなみに、
以前は中選挙区制というものを採用していたこともありましたが、
これは大選挙区制の一種だと思ってください。

もちろん、
どちらも一長一短ではありますが、日本にとってどちらがいいのか、
考えてみるのも良いと思います。

小選挙区 大選挙区
意義 選挙人団が1人の議員を選出する選挙区 選挙人団が2人以上の議員を選出する選挙区
長所 ①二大政党化を促し、政局が安定する
②区域が狭いので、選挙費用が節約できる
①死票が少なくなる
②広い視野を持った候補者が選出されやすくなる
③腐敗行為や選挙干渉が少なくなる
短所 ①死票が多くなる
②広い視野を持った新人が選出されにくい
③情実・買収等の選挙腐敗を誘発しやすい
①区域が広くなるため、選挙費用がかさむ
②同一政党から複数の候補者が立ち、共倒れとなりやすい
第48条

何人も、同時に両議院の議員たることはできない。

以上、
42条から48条まで、国会の構成員である国会議員に身分や
その得喪についての規定です。



統治機構

行政書士・司法書士の短期合格を目指す方へ

口コミで人気の行政書士通信講座講座 フォーサイト

行政書士

行政書士試験に最短でで合格したいなら講座を取るべきです。独学では時間がかかりすぎる。合格のために徹底した効率化と通信に特化した低価格の通信講座です。他の講座を凌駕している合格率も魅力的。口コミで広がる人気講座。

この講座の詳細はこちら

司法書士試験短期合格を実現するためのクレアールの「非常識合格法」

試験科目が多く合格ハードルも高い司法書士試験を、「最小限の労力で最大限の効果」を出す、有名通信講座クレアール司法書士講座の「非常識合格法」。スマホ受講が可能ですので、いつでもどこでも講義受講が可能です。大手のおよそ半額の受講料も魅力的ですね。

この講座の詳細はこちら