「人権総説」の記事一覧

人権の分類

10714PV

人権総説

このような形で出題されることはあまりないと思われるが、この人権の分類ができないと解けない問題はよく出題されている。各人権が、どのような性質を持った人権なのかはしっかり理解しておくべき。さらに、この人権の分類は、「憲法セン・・・

人権の多様化と相対化

4435PV

人権総説

こういう知識が試験に出るということはあまりないと思うが、人権が時代とともに多様化し相対化しているという問題意識は必要と思われる。 人権とはもともと当時の西洋の国民が、国家から不当な干渉を脱却するために勝ち取っていったこと・・・

基本的人権の法的性質

8403PV

人権総説

日本国憲法の各人権規定が、どのような法的性質を持っているのか、ここでイメージを持っておくことが肝要と思われる。 一口に「権利」と言っても、 なんでもかんでも憲法上保障されるものではありません。 適当に「~権」というものを・・・

制度的保障とは

27311PV

人権総説

ちょっと分かりづらい概念だが、重要な部分である。日本国憲法の規定で、グループ分け問題として出題されやすいと個人的には思う。この制度を保護ないし保障することによって、どうしてこの人権が保障されるのかを意識すると良し。 「人・・・

南九州税理士会政治献金事件-平成8年3月19日最高裁判決

13984PV

人権総説 人権享有主体性

この判例、行政書士試験でまんま丸ごと出題されていた。つまり、判例のしっかりした理解があれば正解できる問題が出題されている。「八幡製鉄政治献金事件」との違いを、しっかり把握できるように。 事案 強制加入の公益法人「南九州税・・・

外国人の社会権

16737PV

人権総説 人権享有主体性

この外国人の社会権については、生存権のところの補足というかたちになる。社会権という人権がどんな人権であるかということ、外国人の人権享有主体性の基本規範を踏まえて検討してほしい。 社会権とは、社会的・経済的弱者に対して、 ・・・

二重の基準論とは-公共の福祉はダブルスタンダードでも良い理由

8851PV

人権総説 基本的人権の限界

二重の基準論は試験によって重要度が異なる。ただ、憲法という学問においては、非常に大事な考え方であるのは間違いない。なぜ自由権が必要最小限度の制約なのか、はイメージできるようにしておきたい。 さて、公共の福祉とは、 皆の人・・・

八幡製鉄政治献金事件 -昭和45年6月24日最高裁 判決

20802PV

人権総説 人権享有主体性

事例についての理解には、少々難易度高い(民法知らないと意味が分からないと思う)かもしれないが、法人の人権享有主体性を認めた言い回しは、しっかり覚えておいてほしい。批判の部分は注目。法人の人権を認めることは、こういう弊害も・・・

ページの先頭へ