「人権享有主体性」の記事一覧

南九州税理士会政治献金事件-平成8年3月19日最高裁判決

14006PV

人権総説 人権享有主体性

この判例、行政書士試験でまんま丸ごと出題されていた。つまり、判例のしっかりした理解があれば正解できる問題が出題されている。「八幡製鉄政治献金事件」との違いを、しっかり把握できるように。 事案 強制加入の公益法人「南九州税・・・

外国人の社会権

16764PV

人権総説 人権享有主体性

この外国人の社会権については、生存権のところの補足というかたちになる。社会権という人権がどんな人権であるかということ、外国人の人権享有主体性の基本規範を踏まえて検討してほしい。 社会権とは、社会的・経済的弱者に対して、 ・・・

八幡製鉄政治献金事件 -昭和45年6月24日最高裁 判決

20823PV

人権総説 人権享有主体性

事例についての理解には、少々難易度高い(民法知らないと意味が分からないと思う)かもしれないが、法人の人権享有主体性を認めた言い回しは、しっかり覚えておいてほしい。批判の部分は注目。法人の人権を認めることは、こういう弊害も・・・

法人の人権享有主体性

12712PV

人権総説 人権享有主体性

例によって、なぜこんなことが問題になるかを意識すると良い。紹介している判例は非常に大事。 法人の人権享有主体性の話です。 法人の人権なんて言うと、違和感を感じる方も多いことと思います。 法人は「人(自然人)」ではありませ・・・

外国人の公務就任権

13232PV

人権総説 人権享有主体性

外国人参政権の論点とほぼ同じ考え方で成り立っている論点。頻出度Aとしているが、AとBの間ぐらいと思われる。ただ、外国人が公務員に就任することの問題意識はSランクで持っておきたい。 なぜこのような事が問題になるかおわかりで・・・

外国人の地方参政権

15351PV

人権総説 人権享有主体性

外国人参政権の議論は、こちらがメイン。ポイントは、国政の場合が15条1項の解釈だったのに対して、地方は93条2項の解釈になること。判例は、しっかりタイトに読んでおくことをオススメしたい。 次は、地方レベルでの参政権です。・・・

ページの先頭へ