「人権総説」の記事一覧(2 / 3ページ目)

法人の人権享有主体性

14606PV

人権総説 人権享有主体性

例によって、なぜこんなことが問題になるかを意識すると良い。紹介している判例は非常に大事。 法人の人権享有主体性の話です。 法人の人権なんて言うと、違和感を感じる方も多いことと思います。 法人は「人(自然人)」ではありませ・・・

外国人の公務就任権

14844PV

人権総説 人権享有主体性

外国人参政権の論点とほぼ同じ考え方で成り立っている論点。頻出度Aとしているが、AとBの間ぐらいと思われる。ただ、外国人が公務員に就任することの問題意識はSランクで持っておきたい。 なぜこのような事が問題になるかおわかりで・・・

外国人の地方参政権

16935PV

人権総説 人権享有主体性

外国人参政権の議論は、こちらがメイン。ポイントは、国政の場合が15条1項の解釈だったのに対して、地方は93条2項の解釈になること。判例は、しっかりタイトに読んでおくことをオススメしたい。 次は、地方レベルでの参政権です。・・・

特別権力関係理論

19974PV

人権総説 基本的人権の限界

立ち位置がどことなく「制度的保障」に似ていて、法の支配等による修正が必要となる。もっとも、理屈云々よりも、この特別権力関係が関係した重要判例は非常に重要。 原則として人権保障とは国家権力と一般国民との関係で語られています・・・

公務員の政治活動

22233PV

人権総説 基本的人権の限界

猿払事件判決についての話。事件については。「猿払事件」を参照されたし。 公務員にも政治活動の自由はもちろん保障されています。 この場合、15条や21条の「表現の自由」によって保障されています。 しかしながら、既出のように・・・

公務員の労働基本権

12164PV

人権総説 基本的人権の限界

公務員の労働基本権(28条)が制限される根拠、その制限具合について。公務員の政治活動との違いに注目してみるといいかも。 現在、公務員は職種によって違いはありますが、 労働三権(争議権、団体交渉権、団結権)の一部ないし全部・・・

ページの先頭へ