「習得重要度A」タグの記事一覧

憲法の特質-自由の基礎法

12984PV

憲法概論

例によって憲法の基本概念であるので、重要度は高い。ただし、出題頻度としては低い。 「自由の基礎法」のところでは、「人権」と「統治機構」の関係性についてしっかり把握すること。 「憲法」なるものは、古く昔からありました。イギ・・・

憲法の特質-制限規範性

20314PV

憲法概論

「自由の基礎法」との違いに着目してほしい。ポイントは、「授権規範」と「制限規範」の違いについて。試験に出しやすい点ではある。 立憲主義的憲法において、統治機構は授権規範の役割があるとお話ししました。日本国憲法では、国会に・・・

憲法の特質-最高法規性

25213PV

憲法概論

最高法規と、それぞれの下位法との関係をイメージできるように。そして、最高法規のところは、「形式的最高法規」と「実質的最高法規」の関係をイメージできると良い。 憲法が国家権力に歯止めをかける法であるということは、国家権力を・・・

個人の尊厳・個人の尊重

13565PV

憲法概論

まさに、近代憲法、日本国憲法の核心的価値観。できれば、一番下の図のシステムはしっかりイメージできるように。 近代(立憲主義的)憲法の特質として、 自由の基礎法 制限規範性 最高法規性 の3つについて解説してきました。 そ・・・

法の支配とは

41002PV

憲法概論 日本国憲法の基本概念

法の支配という概念のイメージを理解して、日本国憲法における表れ(4つ)に結び付けられると良いと思う。 「法の支配」という概念があります。 憲法の特質に記してあるシステムと同じような考え方ですが、もう少し統治機構にズームを・・・

日本国憲法における三権分立(権力分立)とは

122135PV

日本国憲法の基本概念 統治機構
三権分立図

三権のそれぞれの他機関への抑止については、しっかり知識として身に付けよう。統治機構の問題として行政書士試験では何度も出題されている。 政治のニュースを見ていても良く出てくる言葉のひとつに「三権分立」というものがあります。・・・

天皇の国事行為

51787PV

天皇 総論(前文、1~9条)

国事行為列挙事由については、行政書士試験などでは、重要知識になる。過去に何度も出題されている。国会や内閣の規定と併せて理解することが大事。 第3条【天皇の国事行為と内閣の責任】 天皇の国事に関するすべての行為には、内閣の・・・

人権の分類

11907PV

人権総説

このような形で出題されることはあまりないと思われるが、この人権の分類ができないと解けない問題はよく出題されている。各人権が、どのような性質を持った人権なのかはしっかり理解しておくべき。さらに、この人権の分類は、「憲法セン・・・

人権の多様化と相対化

4966PV

人権総説

こういう知識が試験に出るということはあまりないと思うが、人権が時代とともに多様化し相対化しているという問題意識は必要と思われる。 人権とはもともと当時の西洋の国民が、国家から不当な干渉を脱却するために勝ち取っていったこと・・・

制度的保障とは

31833PV

人権総説

ちょっと分かりづらい概念だが、重要な部分である。日本国憲法の規定で、グループ分け問題として出題されやすいと個人的には思う。この制度を保護ないし保障することによって、どうしてこの人権が保障されるのかを意識すると良し。 「人・・・

南九州税理士会政治献金事件-平成8年3月19日最高裁判決

15467PV

人権総説 人権享有主体性

この判例、行政書士試験でまんま丸ごと出題されていた。つまり、判例のしっかりした理解があれば正解できる問題が出題されている。「八幡製鉄政治献金事件」との違いを、しっかり把握できるように。 事案 強制加入の公益法人「南九州税・・・

ページの先頭へ