「公共の福祉」とはどういう意味?事例を交えてわかりやすく解説

「公共の福祉」。誰しもが一度は耳にしたことがあるワードだと思います。非常に抽象的な言葉なので、発した方がどういった意味・文脈で発したのかは分かりませんが、憲法の世界では非常に重要なワードになります。

このページでは、憲法にける「公共の福祉」にスポットを当て、解説していきたいと思います。憲法を学んだことのない方や授業ででも出てきそうな中学生の方でも意味は分かるようにわかりやすく、事例・実例を交えて解説していきたいと思います。

「公共の福祉」の意味とは

「公共の福祉」ってどんな意味なのでしょうか。学問上ではこのように定義されています。

人権相互の矛盾・衝突を調整するための実質的公平の原理

人権と人権のぶつかり合いを公平的に調整するものということです。イメージ沸くかどうか、自分の人権と他人の人権って、基本的に矛盾するものなんですね。その矛盾を公平ににまとめるものが「公共の福祉」というわけです。

事例で「公共の福祉」を解説

さらにわかりやすくするために、事例で解説してみます。こういう権利の有無は別として「喫煙権」と「嫌煙権」という人権で例えてみます。

「喫煙権」と「嫌煙権」

あなたと親友のふたりが4畳程度の密室にいるとします。暫くは二人で談笑していましたが、喫煙者であるあなたは煙草を吸いたくて堪らなくなりました。でも、親友は煙草を吸いません。どころか嫌煙家。煙草の煙が大嫌いです。

シチュエーションご理解いただけているでしょうか。この事例では狭い密室に愛煙家と嫌煙家が閉じ込められていますが、実社会でも似たようなことはよくあります。

タバコを吸う権利が「喫煙権」、嫌う権利を「嫌煙権」としましょう。念のため、「タバコなんて害なんだから嫌煙権の勝ち」とかそういうのは無しです。一概に喫煙者を阻害するのは危険ですし、度を越えると差別になり得ます。

既述の通り、人が2人以上いれば人権はぶつかり合う宿命になるのです…

人権を貫くことは無理

人権が衝突するということは、お互いが己の人権を貫くことが困難になってきます。事例のように、片方の人権を貫けば片方の人権が侵害されます。逆も然り。

放置しておけば、社会は大きな混乱を招くのは目に見えています。このように、一つの人権を貫くことは、絶対に無理なのです。

どうしたらいいんでしょうね・・・

人権相互の衝突を公平的に調整

この衝突を避ける方法は、「お互いに妥協してもらう」しかないでしょう。100%自分の主張を貫けばどうなるかはもうわかったはずです。それでも貫きたければ相手を制圧するしかありません。

それが嫌ならお互い妥協するしかないのです。「100が無理ならお互い80で我慢する」。同程度の妥協なら許容できると思います。

何らかのルールを設けてそこを妥協点として世の中上手く回していく。これが「公共の福」です。

みんなの人権をできるだけ保障したいので、皆さん、ちょっと妥協してください。
ちょっとした制約を受けることになると思いますが、そこは妥協してください。

「公共の福祉」とは法律や条例のこと

この「公共の福祉」、具体的に言えば法律や条例ということです。法律って何らかの行動を制限するという人権制約の面がありますが、一方で人権保障の側面もあります。あなたの人権は制約されているかもしれませんが、誰かの人権が保障されているのかもしれません。

別の法律や条例では、逆にあなたの人権が保障されているかもしれません。先に提示した定義のように、「公共の福祉」とは人権衝突を公平に調整する法律や条例のことなのです。

あなたと親友のトラブル解決策とは

あなたと親友の例の場合でいえば、窓があったとして、時間を決めて、窓全開で外に向かってタバコを吸う、というルールを作ればいいかもしれませんよね?

お互いの制約は受けるでしょうが、そこは妥協してもらってですね。自分の主張は100%通らないとわかれば、一定の我慢はできるでしょう。「公共の福祉」で、うまく仲が保たれれば。

この「公共の福祉」というワード、日本国憲法の中で4か所出てきます。

第12条【自由・権利の保持の責任とその濫用の禁止】
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

第13条【個人の尊重、幸福追求権・公共の福祉】
すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

第22条【居住・移転・職業選択の自由、外国移住及び国籍離脱の自由】
何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。
2  何人も、外国に移住し、又は国籍を離脱する自由を侵されない。

第29条【財産権】
財産権は、これを侵してはならない。
2  財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
3  私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。

それぞれ「公共の福祉」という意味が理解できれば、文脈で行っていることもイメージできるのではないでしょうか。どれもが、「公共の福祉」の範囲内で人権は保障される読めると思います。つまり、100%の人権保障は無理、その根拠は「公共の福祉」と読めるのです。

ちなみにですが、この「公共の福祉」は、何もこの4つの条文にだけ妥当するものではなく、さまざまな人権保障に妥当するものです。

社会で存在する「公共の福祉」実例

デモ行進

先ほどはわかりやすだろうなと思ってファンタジーの事例で「公共の福祉」を開設させていただきましたが、実社会に存在する「公共の福祉」の事例を取り上げてみようと思います。

判例に当たるのがより具体的なのかもしれませんが、それだと、憲法に慣れていない方だと難解だと思いますのでま、実際の判例を、噛み砕いてお話することにしましょう。

表現の自由(21条)の制限について取り上げてみたいと思います。

表現の自由と「公共の福祉」

「デモ行進」ってご存知ですよね?

一定あるいは特定の意思・主張を持った集団が、公の場でそれを主張することです。ここでは「行進」としていますから、道路を利用することになると思います。東京、地方でも大都市ですと、結構やっています。大体、政治的主張が多いでしょうか。

このデモ行進、言うまでもなく、表現行為ですよね。つまり、表現の自由(21条)で保障されているといえます。

デモ行進については、いろんな意見があるでしょうが、一般国民にとっては、今も昔も重要な表現行為だと思います。昨今はSNS等にとって代わってきている風潮はありますが、それ以前は、選挙以外では皆無だったのですから。

テーマ、規模など、やり方によっては、大きなアピール方法になると思います。

デモ行進は許可制

このデモ(行進はあくまでデモのいち形態)、無断でやることはできないって知っていました?無断でデモなどすると、捕まります。

いきなり人が集まって、即興的に道路をねり歩いてシュプレヒコールなんてしたら、警察に拘束されます。条例、あるいは道交法違反です。

そうなんですよね、デモ行進をするには、事前に警察署に届け出て許可を得る必要があるのです。このへんは、各地方自治体のいわゆる「公安条例」なるものに規定されており、その手続きに則ってデモが許可されるわけです。

このデモの許可制、デモをする側にとってみれば、デモの規制、表現の自由の制限になり得ます。このへんの感覚お分かりでしょうか?

だって、自由に好き勝手にデモができないのですから、場合によっては、許可が下りない場合だってあるわけです。表現の自由の制限以外の何ものでもないでしょう。

デモ行進は13条侵害行為?

もちろん、単にデモをさせないためだけに公安条例でデモの許可制を採っているわけではありません。

1度でもデモ行進に出くわしたことある方ならお分かりだと思いますが、あれって車を運転する人にとっては、邪魔以外の何ものでもありません。交通渋滞を引き起こします。

つまり、デモ行進って当事者以外の者にとっては、不利益なものです。強いて言えば、13条が脅かされているといえるのではないかと思えます。

別の視点で見てみましょう。

昨今の日本では殆ど見られませんが、デモって何かきっかけがあると、悪い方向に集団心理が働きます。もしかしたら、他のデモ行進と衝突する可能性もあります。

そうですね、治安維持の観点から、デモは危険なものであるという側面もあります。

公安条例が「公共の福祉」になる

デモ行進を許可制にして一定の制限を設けることでデモ当事者以外の人権に配慮する、デモで不利益を被る多くの国民には、許可制にすることで、大事な表現行為ということで、多少の不利益は我慢してもらう。

お互いの人権は、一定の譲歩をすることで、一定の保障をされるということです。

この「公共の福祉」がなければどうでしょう?想像してみてください。混乱が起こる可能性は飛躍的に上がるでしょう。それは、何を意味するかというと、人権云々の話どころではないということです。

まとめ

いかがでしょうか。「公共の福祉」について、わかりやすく解説したつもりですが、ご理解いただけると幸いです。

この「公共の福祉」を理解するポイントは、

  • 人権とは必ず他人の人権と矛盾し衝突する宿命にある
  • 社会生活を営むためには妥協が必要
  • ルールを設け多少の制限には目をつぶり一定の人権保障を得る
  • そのルールとは法律や条例である

この論理の流れが理解できれば大丈夫だと思います。