習得重要度B国会議員と裁判官の報酬の違いには注意。裁判官は憲法規定、国会議員は法律規定である。


選挙により国民から選ばれた国会議員には、
全国民の代表」としてその職責を全うするために、
憲法はその国会議員に特権を授けています。

それは、
「歳費受領権(49条)」「不逮捕特権(50条)」「発言の免責特権(51条)」です。
それぞれどういった内容なのか、お話を進めていきます。

歳費受領権(49条)

第49条【議員の歳費】

両議院の議員は、法律の定めるところにより、国庫から相当額の歳費を受ける。

この国会議員の歳費授領権は、
国民より選任された国権の最高機関たる国会にて自主的な活動が
期待されている国会議員の特権のひとつになります。

ちなみに、
裁判官は憲法によって報酬が保障され,
在任中は減額されることはありません(80条2項)が、
国会議員の歳費額は法律事項ですので、
減額は憲法上保障されているわけではなく、十分に減額の可能性があり
ます。

第80条2項

 下級裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。


議員特権-不逮捕特権(50条)、発言の免責特権(51条)


統治機構

行政書士・司法書士の短期合格を目指す方へ

口コミで人気の行政書士通信講座講座 フォーサイト

行政書士

行政書士試験に最短でで合格したいなら講座を取るべきです。独学では時間がかかりすぎる。合格のために徹底した効率化と通信に特化した低価格の通信講座です。他の講座を凌駕している合格率も魅力的。口コミで広がる人気講座。

この講座の詳細はこちら

司法書士試験短期合格を実現するためのクレアールの「非常識合格法」

試験科目が多く合格ハードルも高い司法書士試験を、「最小限の労力で最大限の効果」を出す、有名通信講座クレアール司法書士講座の「非常識合格法」。スマホ受講が可能ですので、いつでもどこでも講義受講が可能です。大手のおよそ半額の受講料も魅力的ですね。

この講座の詳細はこちら