「基本的人権の限界」の記事一覧

「公共の福祉」の意味とは-事例を挙げて解説してみた

142049PV

人権総説 基本的人権の限界
人権と人権の対決

「公共の福祉」とは、どういう意味なのか?日本国憲法の中での意味合いとは違うイメージで使われているが、それほど難しい話ではないと思われるので、しっかり理解しておきたい。 「公共の福祉」。憲法の勉強をする上で絶対に避けて通れ・・・

二重の基準論とは-公共の福祉はダブルスタンダードでも良い理由

8164PV

人権総説 基本的人権の限界

二重の基準論は試験によって重要度が異なる。ただ、憲法という学問においては、非常に大事な考え方であるのは間違いない。なぜ自由権が必要最小限度の制約なのか、はイメージできるようにしておきたい。 さて、公共の福祉とは、 皆の人・・・

特別権力関係理論

16755PV

人権総説 基本的人権の限界

立ち位置がどことなく「制度的保障」に似ていて、法の支配等による修正が必要となる。もっとも、理屈云々よりも、この特別権力関係が関係した重要判例は非常に重要。 原則として人権保障とは国家権力と一般国民との関係で語られています・・・

公務員の政治活動

19721PV

人権総説 基本的人権の限界

猿払事件判決についての話。事件については。「猿払事件」を参照されたし。 公務員にも政治活動の自由はもちろん保障されています。 この場合、15条や21条の「表現の自由」によって保障されています。 しかしながら、既出のように・・・

公務員の労働基本権

10847PV

人権総説 基本的人権の限界

公務員の労働基本権(28条)が制限される根拠、その制限具合について。公務員の政治活動との違いに注目してみるといいかも。 現在、公務員は職種によって違いはありますが、 労働三権(争議権、団体交渉権、団結権)の一部ないし全部・・・

ページの先頭へ